錦鯉の飼育

普通の鯉は頑丈な魚で、錦鯉もその頑丈さを受け継いでいます。小さな器から大きな屋外の池までどんな場所でも飼えます。

ただし、鯉は90センチメートルまで育つことがあるため、鯉の大きさに見合う水槽または池が必要になります。伝統的な屋内用アクアリウムは、丸いプラスチックの桶ほどには好ましくありません。

錦鯉は明るい色をしているので、捕食者に対しては格好の標的となります。紅白は池の深緑色に対比したとき、視覚的な晩餐のベルのようなものです。

サギ、カワセミ、ネコ、キツネ、および狸などには、池中の鯉を食べつくしてしまう能力があると言っても過言ではありません。適切に設計された屋外の池は、サギが立てないだけの深さと、哺乳類の手が届かないような水面上のオーバーハング、および上空からの視線を遮るために上を覆う木陰を備えています。

池の上面を網やワイヤーで囲う必要もあるかもしれません。但し、山間に近い場合、稀に絶滅危惧種の水辺を好む野鳥がかかる事がありますのでできるだけ網は避けた方が好ましいのすが、生産者側としてはそうも言っていられないようです。また池は、水を清潔に保つためのポンプと濾過システムを備えていなければなりません。

鯉は底で餌をとる魚でありますが、沈む餌は食べ残しが水質を悪化させるおそれがあるため、単に栄養バランスが取れているだけではなく、水に浮くように作られているも餌を与えると飼育の手間がかからないと言われています。

水に浮く餌を与える場合には彼らが餌を水面近くで餌を食べている間に、寄生虫や潰瘍がないかチェックすることもできます。鯉は人の足音などで餌の時間だと認識しますので喜んで集まってきます。錦鯉は慣れると手から餌を食べるように教えることもできます。

冬には消化器系の動きが遅くなりほとんど停止しますので、餌はほとんど食べなくなり、底の水草をかじる程度になります。春になり水が温まるまでは食欲は戻りません。(厳密に言えば食べているのですが。)

日本では1990年代ころから観賞魚として熱帯魚が主流になっていますが、海外では錦鯉人気が非常に上がってきています。インターネットの普及に従い、インターネット販売も広まっています。

引用 : wikipedia

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone



錦鯉の飼育にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です