錦鯉の森

最新記事

10. 水槽の買い替え

小さい水槽で金魚を飼うと大きくならないという話を聞いた事があります。 錦鯉も同じなのかなーと思っていましたがどうやら都市伝説みたいです、全く関係ありません。 タマちゃんは少しずつ、キンちゃんはすくすくと成長し、2匹とも3 […]
続きを読む

9. 錦鯉の病気

6年も錦鯉と生活していると、いろいろな病気にかかります。私が一番衝撃を受けたのが横になったまま泳ぐというもの。浮いたり沈んだりはするものの、体を真っ直ぐに出来ない状態でした。 そうなったのは健康そのもののはずのキンちゃん […]
続きを読む

海外の錦鯉愛好家

錦鯉の海外マーケット 上でも述べたように、最近の錦鯉需要は日本国内より海外の方が多い状態です。昨今の日本の住宅事情で広い庭や池のある一戸建て住宅が減少して、その代わりにマンション等の集合住宅が増えたことで錦鯉を自宅で飼え […]
続きを読む

海外から見た錦鯉の魅力

錦鯉を英語で呼ぶと・・ 自然の中にある池などで生息している一般の黒い「鯉」と日本の「錦鯉」との違いを説明することが大事です。一般的な日本の「鯉」は淡水魚であり英語では”Carp”ですが、日本の「錦鯉」は英語では”Asia […]
続きを読む

5. 水槽のお掃除開始

新しい生活の前に錦鯉の紹介を改めて。 ゴールドからプラチナへ変化しつつあるのが『タマ』、3色の暴食気味の鯉は『キン』です。あまり深く考えず名前を付けた訳ですが、まさか公開することになるとは・・・ そんな2匹もだんだんと私 […]
続きを読む

6. 水槽のお掃除完了

2匹を何とかバケツに移し換え、水槽から水を抜ききるまでで1時間かかりました。鯉の移動と水抜きだけでです。 鯉にストレスを与えない為にも、休憩しているヒマはありません。 ブツブツ文句を言う母を横目に水槽をお風呂場へ運びまし […]
続きを読む

錦鯉の森は、国内最大級の錦鯉情報サイトです。錦鯉の飼い方や病気、飼育のための餌・資材、種類や立て鯉の見方など様々な情報を掲載しています。ぜひ初心者の方からベテランの方までご利用ください。

錦鯉の種類は多種に渡り、様々な色彩や斑紋のあり方、優雅に泳ぐ姿で私達の心を和ませてくれます。

錦鯉は他の生き物のような固定種ではなく、同種類の交配でも様々なタイプの鯉が生まれます。このため、種類の改良をして優秀鯉を作出することが非常に困難で、優秀鯉の出現頻度も非常に低い確率になります。特に模様(斑紋)を持つ種類では良斑紋を持つ個体の出現率が大変低いことから更に確立が低くなります。

最大級の観賞魚である錦鯉は、今や品評会で1メートルを越えるサイズが出品されるほどになっており、改良により更に大型化が進んでいます。現在では飼育技術の向上や選別技術、飼育飼料や飼育資材などの向上により優秀鯉の出現頻度も向上しています。

錦鯉の種類は細分化すると80種類以上にもなります。他に類を見ないほどの種類と美しさ、そして優雅に泳ぐ様は今や世界を魅了しています。

色合いの美しさもさることながら、その優雅に泳ぐ姿の美くしさは心に安らぎを与えてくれます。触れる機会が増えれば増えるほど、また、美しい鯉に出会うといつの間にか心を奪われてしまうことから、よく「鯉に恋して」などの表現がよく使われます。

錦鯉は日本の国魚であり、日本特有の観賞魚でしたが、昨今では海外へ日本文化の広がり(庭園)などの影響や、輸送時に丈夫なプラスチック袋に生酸素を使用し、海外まで安全に到着させられるようになったことで世界中に広がることとなりました。

昨今の全国品評会などでは国魚賞などの受賞者に海外の愛好家達の名前が多く見られるようになってきました。海外出身鯉の受賞はまだほとんど見当たりませんが、需要は世界的に多くなってきており、今、まさに全国品評会は世界大会の様相を呈してきています。

日本の錦鯉から世界の錦鯉へと飛躍しています。

海外での需要は高まってきていますが、国内での需要が減少しているこの時期こそ、優秀鯉を手に入れるチャンスがあります。世界的に見ても優秀鯉の量や品質は日本がずば抜けて高く、日本在住の愛好家の方々は大変恵まれている環境にあります。

まだ飼われたことがない方は思い切って鯉ハントにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?素晴らしい出会いがあるかもしれません。

知れば知るほど、触れれば触れるほど本当に楽しい世界になります。