光り模様

光り模様もの

光り模様もの

出所:全日本愛鱗会

光り模様は光り無地、光り写り以外で全身に光りがあり、模様を持っている種類の総称になります。紅白の光り模様は「桜黄金」、大正三色の光り模様は「大和錦」、五色の光り模様を「孔雀黄金(孔雀)」、山吹黄金とプラチナ黄金の張り分けたものを「はりわけ」、秋翠の光り模様を銀水または綿水、それらにドイツ鯉を交配させたもので「菊水」や「ドイツはりわけ」などがいます。

光り模様は錦鯉として華やかな種類ですので、錦鯉ビギナーの方や海外の方などに大変人気があります。光り模様は光りが土台になりますので、光り写りと同様に模様をつくる質が伴いにくい傾向にあります。やはり光り模様の良質な大型の個体は珍しく、良質な個体は大変希少価値があります。

光り模様の中では「孔雀黄金(孔雀)」が最も質が安定していますので、大型の優秀鯉も出現しやすいようです。

「はりわけ」は「張分」と書き、山吹黄金やプラチナ(プラチナ黄金)などを交配させることで金と銀の模様が張り分けられている種類となります。

他にも細かい種類で言いますと「錦翠」や「銀翠」、「はりわけ松葉ドイツ」や「孔雀ドイツ」などがいます。

関連動画:光り模様


出所:https://www.youtube.com/watch?v=6Ikcmwvshmo

関連動画:孔雀黄金


出所:https://www.youtube.com/watch?v=lWNlbusXlMc

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone



光り模様にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です