錦鯉の稚魚販売

錦鯉を稚魚から育ててみたい方は目を通してみて下さい。

“錦鯉として出来上がったものよりも、稚魚から育てながら自ら選別していく” “育て上げた中から立て鯉を選び、更に育てていく”

従来の錦鯉の楽しみ方とは異なりますが、小スペースでも十分に楽しむことができますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

稚魚の成長速度は早く(適切な環境の場合)、模様や色合いの変化に驚く人も多いと思います。

熱帯魚や金魚など、水槽で飼われていた方は錦鯉の稚魚を飼い方が上手なようで、少ない稚魚からでも優秀魚が作出されているようです。

昨年、稚魚販売出身鯉が全国若鯉品評会で栄えある国魚賞・しかも全体総合2位成魚総合優勝にまでなったことが話題となりました。

錦鯉愛好家にとって夢にまで見る大賞を稚魚販売出身鯉が受賞したことは、確かな系統の稚魚を大切に育て上げた結果から繋がりました。

錦鯉の稚魚販売生産者

関口養鯉場 


昭和三色の名門。全国若鯉品評会で国魚賞・成魚総合優勝を出した稚魚はこの関口養鯉場の稚魚からです。ここの稚魚(毛子)は毎年あちこちの品評会で優勝や部優勝が出ています。錦鯉の稚魚飼育マニュアルも掲載しています。関口昭和の稚魚関連ブログ月間錦鯉2006年6月号のページ→成魚総合優勝鯉が掲載されています。

京阪錦鯉センター


錦鯉のビギナー向けの安価な稚魚を販売しています。

川合観賞魚


一般大衆向け  川合観賞魚ページ→錦鯉の稚魚飼育に関するQ&A

マルミ養鯉場


大正三色の稚魚。 

錦鯉の稚魚に関する情報

錦鯉の人口産卵から稚魚の成長、稚魚の選別などの情報をご紹介させていただいております。
生産者の生の情報や専門機関の情報など大変勉強になります。

錦鯉新潟ダイレクト


紅白や昭和三色などの選別風景を掲載しています。
生産者の生の映像情報ですので勉強になると思います。

ニシキゴイ稚魚の成長


掲載されている稚魚は大正三色になりますが、他の錦鯉も概ね同程度の成長経路を辿ります。

ニシキゴイの人工採卵法


日本の錦鯉生産者の人口採卵の方法は一部例外を除いてほとんどがこの方法で行なっています。

シェアしてみようShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone



One Comment

錦鯉の稚魚販売にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です