錦鯉の森

最新記事

錦鯉の歴史

錦鯉の誕生 日本の錦鯉は約200年前の江戸時代に新潟県長岡市(旧・山古志村)で観賞用の鯉として誕生し、日本で飼育改良された観賞魚です。当時、山古志村の人々は棚田で農作物を栽培しこの棚田の上にある池で真鯉を飼っていましたが […]
続きを読む

錦鯉の飼育

普通の鯉は頑丈な魚で、錦鯉もその頑丈さを受け継いでいます。小さな器から大きな屋外の池までどんな場所でも飼えます。 ただし、鯉は90センチメートルまで育つことがあるため、鯉の大きさに見合う水槽または池が必要になります。伝統 […]
続きを読む

錦鯉の飼育・飼い方入門

錦鯉を飼いたい・飼ってみたいと思っている方、まずは当サイトで色々調べて見て下さい。品評会などで上位入賞を狙うような時には、かなり高度な飼育技術が必要ですが、一般的に鑑賞するくらいなら基本的に錦鯉の飼育は難しくはありません […]
続きを読む

錦鯉の飼育用品

錦鯉の飼育ははじめに飼育資材を一通り揃えなければいけませんので、飼育池や水槽のサイズによってはそれなりの投資が必要になります。 水槽や生簀、庭池などはご自身のご事情に合わせて決して無理をしないようにして下さい。「最初が肝 […]
続きを読む

錦鯉の販売・通販

当サイトでは直接錦鯉を販売していません。錦鯉の生産者は地方に多く、逆に街のペットショップや熱帯魚ショップでは錦鯉を扱っているところが稀です。値段の高さや体の大きさだけではなく、このような不便さが錦鯉の普及の妨げになってい […]
続きを読む

錦鯉オークション

錦鯉オークションについて 錦鯉オークションと言えば以前はビッダーズが圧倒的な最大手でしたが、ビッダーズは2012年9月に錦鯉の取り扱いを中止してしまいました。ビッダーズに代わって活気を得ているのが、 Yahoo!オークシ […]
続きを読む

錦鯉の稚魚販売

錦鯉を稚魚から育ててみたい方は目を通してみて下さい。 “錦鯉として出来上がったものよりも、稚魚から育てながら自ら選別していく” “育て上げた中から立て鯉を選び、更に育てていく̶ […]
続きを読む

錦鯉の水質と水温

水質の管理 水質調整剤 人工的な生簀や水槽などでは、水環境は人の力で整えてあげなければいけません。水槽の形や水量・錦鯉の大きさや数、溶存酸素量、濾過槽の機能などによって、それぞれ水質などの環境は異なります。錦鯉が棲み易い […]
続きを読む

錦鯉の種類(品種)

錦鯉 の種類は 犬や猫 の種類のように遺伝子が固定されていないため、同種類の交配でも様々なタイプの錦鯉が生まれます。(猫の場合、アメリカンショートヘア同士からはほぼ100%の確率で親とそっくりのアメリカンショートヘアの子 […]
続きを読む

錦鯉の森は、国内最大級の錦鯉情報サイトです。錦鯉の飼い方や病気、飼育のための餌・資材、種類や立て鯉の見方など様々な情報を掲載しています。ぜひ初心者の方からベテランの方までご利用ください。

錦鯉の種類は多種に渡り、様々な色彩や斑紋のあり方、優雅に泳ぐ姿で私達の心を和ませてくれます。

錦鯉は他の生き物のような固定種ではなく、同種類の交配でも様々なタイプの鯉が生まれます。このため、種類の改良をして優秀鯉を作出することが非常に困難で、優秀鯉の出現頻度も非常に低い確率になります。特に模様(斑紋)を持つ種類では良斑紋を持つ個体の出現率が大変低いことから更に確立が低くなります。

最大級の観賞魚である錦鯉は、今や品評会で1メートルを越えるサイズが出品されるほどになっており、改良により更に大型化が進んでいます。現在では飼育技術の向上や選別技術、飼育飼料や飼育資材などの向上により優秀鯉の出現頻度も向上しています。

錦鯉の種類は細分化すると80種類以上にもなります。他に類を見ないほどの種類と美しさ、そして優雅に泳ぐ様は今や世界を魅了しています。

色合いの美しさもさることながら、その優雅に泳ぐ姿の美くしさは心に安らぎを与えてくれます。触れる機会が増えれば増えるほど、また、美しい鯉に出会うといつの間にか心を奪われてしまうことから、よく「鯉に恋して」などの表現がよく使われます。

錦鯉は日本の国魚であり、日本特有の観賞魚でしたが、昨今では海外へ日本文化の広がり(庭園)などの影響や、輸送時に丈夫なプラスチック袋に生酸素を使用し、海外まで安全に到着させられるようになったことで世界中に広がることとなりました。

昨今の全国品評会などでは国魚賞などの受賞者に海外の愛好家達の名前が多く見られるようになってきました。海外出身鯉の受賞はまだほとんど見当たりませんが、需要は世界的に多くなってきており、今、まさに全国品評会は世界大会の様相を呈してきています。

日本の錦鯉から世界の錦鯉へと飛躍しています。

海外での需要は高まってきていますが、国内での需要が減少しているこの時期こそ、優秀鯉を手に入れるチャンスがあります。世界的に見ても優秀鯉の量や品質は日本がずば抜けて高く、日本在住の愛好家の方々は大変恵まれている環境にあります。

まだ飼われたことがない方は思い切って鯉ハントにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?素晴らしい出会いがあるかもしれません。

知れば知るほど、触れれば触れるほど本当に楽しい世界になります。